医療事務に役立つコラム

再診料の加算、地域包括診療料・加算について

医療事務コーディネーターの
神原充代(かんばら みつよ)です

再診料の加算について

「地域包括診療料」と「地域包括診療加算」

についてお伝えします

外来の機能分化推進という観点から「主治医機能の評価」として設定された
この2つはどちらか一方しか届け出ることができないとされています

◆地域包括診療料(要届出)  1,503点(月1回)◆地域包括診療加算(要届出)  20点(1回につき)

どちらも算定するには要件があります

・対象疾患
・カルテ記載等
・研修要件
・服薬管理
・健康管理
・介護保険との関わり
・在宅医療の提供・24時間の対応など

地域包括診療料の算定要件は本当に厳しいので、算定されている医療機関は本当に少ないと思います

だったら、地域診療包括加算ならと思うでしょう

でも、これも結構要件がたくさんあるので算定している診療所は少ないのが現状です

ですが、再診料には
「地域包括診療料」と「地域包括診療加算」

があるということは覚えておいてください

もし、先生が、算定できるはずと言われたとき戸惑わなくていいですね

詳しくはこちら

http://www.hokeni.org/top/medicalnews/2014medicalnews/140315zaitakukaitei.html

◆募集中のセミナー
http://smile-cs.com/seminar
◆女性医療事務の会『Woman Smile』
女性医療事務が集まるスキルアップと交流の場
http://smile-cs.com/womansmile
kanbara1

お問合せ・ご相談は、お気軽にお申し付けください

このページの先頭へ戻る