医療事務に役立つコラム

内服薬、頓服薬の基本、新人さんに教えるとき

本日は投薬の基礎についてお伝えします

病気の治療の為に医薬品を患者さんに渡して使用させること「投薬」といいます
なぜ今更って思うでしょう

医療事務をしていると当たり前のことですが

新人さんにはわかりやすく伝える事ができますか

まずは、飲むかどうか

内用薬(21)(22)⇒経口投与による服用(口から飲む)

外用薬(23)⇒身体の外側から作用する薬

次に「内用薬」を飲むタイミング

内服薬(21)⇒定量を決まった時間に服用

「処方せん記載」  ○○○錠 3錠 毎食後  5日分

剤名 1日量 飲む時 投与日数

頓服薬(22)⇒臨時的に症状が出た時などに服用

「処方せん記載」  ○○○錠 1錠  発熱時 5回分

剤名 1回量 どんな時に飲む  ○回分

こんな感じで如何でしょう

私も、医療が初めての新人たちにこんな感じで説明しています。

※算定の際には(21)内服薬、(22)頓服薬、(23)外用薬に3種類に分けます

 

◆女性医療事務の会『Woman Smile』
女性医療事務が集まるスキルアップと交流の場

 

kanbara1

お問合せ・ご相談は、お気軽にお申し付けください

このページの先頭へ戻る