医療事務に役立つコラム

骨粗鬆症における疼痛、エルシトニン注について

今日、エルシトニン注について質問があったのでお伝えします

エルシトニン注

骨粗鬆症における疼痛
本剤の適用にあたっては、診断基準等を参考に、骨粗鬆症との診断が確立し、
疼痛がみられる患者を対象

投与は、6カ月間を目安とし、漫然と投与しない

まずは、骨粗鬆症との診断があり病名がつく

そして、疼痛があればそれに対してエルシトニン注を使用

という事は、骨粗鬆症における疼痛病名が付く

病名:
骨粗鬆症 病名開始日は診断日
骨粗鬆症における疼痛 注射開始日

骨粗鬆症における疼痛 のみのレセプトをよく見かけます

つじつまが合わなくなる可能性があります

kanbara1

お問合せ・ご相談は、お気軽にお申し付けください

このページの先頭へ戻る